東京における永井荷風ゆかりの地を紹介しています。

HOME東京散策@荷風歓楽東京散策A東京散策B掲示板平成断腸亭日乗閑話休題(ココログ)


 麻布

麻布周辺(我善坊谷、旧市兵衛町、谷町)

岩野泡鳴の「泡鳴5部作」を読んでいると最初にこの我善坊町が出てくる。この町名が気になって仕方がな
かったのですが、歩いていて現在の麻布台1丁目が我善坊町であることを発見した。(この「泡鳴5部作」は長いけど確かに面白い。でも読み終わって後から後悔した。岩野泡鳴氏の女性(妻や愛人達、特に妻)に対する考え方、女性蔑視・差別の姿勢はあまりにもひどいとその時感じた。そういう時代だったのかなぁ?)回りは霊友会の建物やアークヒルズのような超高層ビルに囲まれた不思議な雰囲気をもった場所です。
少し歩きスウェーデン大使館のある通りから御組坂を下ると永井荷風がかつて住んだ「偏奇館跡」があります。
この場所に最初行った時僕は妙に感動しました。超高層ビルに囲まれたこの場所は古びた家が多く住む人もない、空き家が増えて猫の住みかになっていました。木々の緑と廃屋・ニャン子達に囲まれた谷底の暗闇は廃墟のよう。
私がよく訪れた1997年時点ではこの場所は再開発が決まっていたんですね。偏奇館跡には再開発組合の事務所があった(写真は、1997年6月撮影。1996年10月24日の朝日新聞の写真も見て下さい。「ひっそりと残る荷風が愛した東京」)。
案の定2000年頃、偏奇館跡を含む六本木一丁目は鉄板で囲まれだし工事が始まり入れなくなった。(同じ頃愛宕二丁目でも工事が始まったと記憶している。)
今では、このあたりも再開発ですっかり様変わりしているんだろうなぁ(ToT)ウルウル。偏奇館跡はどうなったんだろう?
六本木近辺はなんでこんなに再開発されてしまったんだろう。そういえば、最近では六本木ヒルズの回転扉の事故が記憶に新しい。
私はいつも芝公園から神谷町・西久保八幡神社・西久保八幡男坂・雁木坂・三年坂・我善坊谷・落合坂・御組坂・道源寺坂・行合坂とよく歩き回りました。八幡神社付近を歩いて、この辺に関根うたを囲って置いていた、飯倉八幡町の壼中庵(けっちゅあん)があったのかと感動しながら歩いていました。西窪八幡宮の鳥居前、仙石山のふもと、西ノ久保八幡町壺屋という菓子屋の裏はどこだったんだろうと探しながら。
若者の集まる六本木や麻布十番あたりにも行ったけどあまり好きにはなれなかった。どちらかというと榎木坂・狸穴坂・永坂・鳥居坂・芋洗坂といった坂には惹かれていました。
2004年の現在では、このあたりも六本木の再開発ですっかり様変わりしているんだろうなぁ(ToT)ウルウルと思いながら、9月11日、荷風先生ゆかりの偏奇館跡へ。青松寺(愛宕グリーンヒルズ)、御組坂→泉通り(IZUMI GARDEN)。いつも歩いた街。変わってしまった。何もなかった。悲しかった

写真左「今はなき我善坊町の看板を発見する」   写真右「再開発前の偏奇館周辺」

「古い地図を持って町を歩こう」


 玉ノ井(向島)

向島周辺(旧玉ノ井、墨東地区)

「この道抜けられます」の永井荷風の「墨東綺譚」(ぼくの漢字が出ないので墨で代用しています)
の舞台になった玉の井の町は今はなく東向島という町になっています。わずかになごりをとどめているのは、玉の井いろは通りと玉の井町会の看板と玉の井稲荷ぐらいです。
しかし、迷路のように入り組み、ひなびた町並みは、荷風の世界を思わせるものがあります。
私が、東京に来てもっとも影響を受けたのは永井荷風の散歩哲学とひとりぐらしのの哲学です。
「日和下駄」よろしく裏町から横町へ、路地から路地へぶらぶら歩いて見ましょう。

浅草から隅田川に架かる橋を渡って墨東の地へ。昭和13年12月31日〜昭和14年1月1日(断腸亭日乗)にかけて荷風は若い友人達と楽しそうに遊んでいる。私も吾妻橋を渡って玉の井”迷宮のラビリンス”から鳩の街”ピジョン・ストリート”を歩きました。
迷路のように入り組む細い路地を歩くと、赤線時代の貴重な建物を結構見つける事ができた。まだ「OFF LIMITS」の表示も見る事ができた。
川本三郎「荷風と東京」P.400差込「『墨東綺譚』文学散歩の玉の井概要図」、荷風自筆の「玉の井地図」(昭和11年5月16日)、前田豊「玉の井という街があった」P.26 「昭和十一年玉の井娼家街図」と今の地図を照らし合わせて歩いて下さい。
牛御前から吾妻橋〜牛嶋神社、堀辰雄旧居跡、堀辰雄の母、「富田木歩終焉の地」の碑、枕橋、源森橋、小梅、佐多稲子

左上「永井荷風の墨東綺譚の説明書きのある願満稲荷(身延山稲荷)」
右上「東清寺の境内にある玉の井稲荷。」
左下「白鬚神社」
右下「戦後に出来た鳩の街。この街を舞台に「春情鳩の街」という脚本を書いています」


 浅草

浅草周辺

浅草は何度行ってもいいですね。
浅草寺・仲見世・雷門・六区・浅草ロック座・花やしき・吾妻橋・松屋・今戸橋・枕橋・待乳山・隅田公園・隅田川・長命寺・弘福寺・須崎料亭街・鷲神社・山谷堀・三ノ輪浄閑寺・吉原・言問団子・三社祭り・・・・・
かつての吉原はなくなり今は千束という街に変わっていますが、勧誘のおにいちゃんがひつこく寄って来るので落ちついて歩いていられません。一歩はずれて細い路地を入るとカフェー街の建物もあって、そちらを探索する方が楽しい。
浅草に行くとROX近くにあった行きつけビアホール(店の名前を忘れた)で特大バンバーグステーキと生ビール大でお腹を満たし、吾妻橋を渡り向島方面か千束方面または上野方面のいづれかに向かいます。
吉原にはひさご通りから千束通り方面か、墨田公園・今戸橋から山谷堀をたどり日本堤・吉原大門(昭和10年10月25日、浅草ハウスといふアパート、待乳山、聖天町猿若町、山谷堀、日本堤東側の裏町の古本屋〜「墨東綺譚」の冒頭)へ。
上野には、浅草田原町の久保田万太郎生誕地の碑を横に見た後、松が谷広大寺の宇野浩二のお墓に必ずお参り、下谷(下谷神社あたり、小島政二郎「下谷生まれ」)を歩いて上野に到ります。

写真左「浅草寺」
写真右「雷門。大きなちょうちんの下に金色の松下電器の文字が」


 銀座

銀座周辺

松山千春の「東京」という曲のジャケットと同じ角度から三愛を撮ってみたのですが上の方がきれて
しまいました。私は、いまでも銀座と呼ばずに尾張町と呼んでいます。それは、僕の好きな小説に宇野浩二の「晴れたり君よ」という小説があるのですが、これは実にたわいない話で、銀座通りを尾張町に向かって歩いている主人公が偶然愛人に合うという筋の小説なのですが、この影響で尾張町と呼んでいます。カフェー・プランタン、ライオン、タイガー、パウリスタ、モナミといったカフェー全盛の時代にこの通りを歩いてみたかったです。(最近資生堂パーラーが休業中です。)
日本橋から京橋・銀座・有楽町へ百貨店めぐりはどうでしょうか?三越本店・日本橋東急・高島屋・大丸・銀座松屋・銀座三越・松阪屋・西武・阪急・・・これだけ歩くと相当疲れます。私は銀座の三越が一番好きです。

写真:三越銀座店の前から三愛を撮る


 リンク集

 荷風歓楽BBS
荷風歓楽HPの掲示板です。
 Infoseek
インフォシークのTopページです。
 楽天広場ブログ
楽天広場(日記・ブログ)Top。
 アット・ホームページ
ホームページ開設サービスです。


HOME東京散策@荷風歓楽東京散策A東京散策B掲示板平成断腸亭日乗閑話休題(ココログ)