東京における永井荷風ゆかりの地を紹介しています。

HOME東京散策@荷風歓楽東京散策A東京散策B掲示板平成断腸亭日乗閑話休題(ココログ)


 本郷

本郷(菊坂周辺)

近藤富枝の「本郷菊富士ホテル」や木下順二の名作「本郷」という小説を読んでから
一度訪れたかったのがこの本郷なのですが、菊富士ホテルの跡地には現在オルガノ
という会社が建っていて石碑だけが残っています。
宇野浩二の「四方山」を読むとこの菊富士ホテルのてっぺんの塔の部屋から富士山
から丹沢・浅間山・秩父・日光・筑波山を順順にパノラマのように四方の景色を見渡せ
ることができたそうですが、今は夢のようです。
しかし、東京という町は歩いてみると坂が多いことに気がつきます。この近くだけでも
菊坂・無縁坂・岸団坂・鐙坂・見返り坂・見送り坂・暗闇坂・弥生坂・・・・文京区だけで
も102の坂があるそうですが、坂から坂へ、路地から路地へ何度歩いてもこの本郷
という街には飽きません。
細い路地を入ったところにある樋口一葉旧宅跡は何度行っても感動します。

写真左上「一葉が利用した井戸が今も残っています。」  写真右上「本郷菊富士ホテル跡」
写真下「この建物は何でしょう?

「本郷もかねやすまでは江戸の内」


 根津

根津界隈

藤沢清造という人に「根津権現裏」という長編小説があるのですが、この本を求めて神保町や早
稲田の古本屋街を探し歩いたがついに見つからなかった。
東大からお化け 階段を降りると根津神社です。さらに日本医科大学付属病院の横の細い道が
藪下通りです。さらに歩いていくと左手が鴎外が住んだ観潮楼跡で、その突き当たりが団子坂で
す。ここも坂や階段が非常に多いのですが、どの場所も不思議に懐かしくて心の落ちつく場所で
す。佐藤春夫の「観潮楼付近」に登場する根津神社と団子坂をつなぐ藪下通りは僕の絶好の散
歩コースです。
観潮楼跡の庭に面した図書館の壁面に永井荷風書による「沙羅の木」の詩の一節を刻んだ碑がある。
藪下道について荷風は『私は東京中の往来の中で、この道ほど興味ある処はないと思っている。
片側は樹と竹藪で昼なお暗く、片側は崩れ落ちぬと危ぶむばかり』と「日和下駄」で書いている。
この道を敬愛する鴎外の自宅に向かう荷風の心は躍っていたことであろう。

写真左「根津神社」  写真右「石垣のある屋敷の横を通る藪下通り」


 上野

上野周辺(上野、湯島)

東京に最初来たときはお茶の水から歩いてすぐのところにある本郷のア○ファ○ック○の事務所で
で支○L○NKシステムのプロトタイプをFrontWareというツールで作ったのが最初の仕事でした。も
う3年以上も昔の話です。そのお茶の水にある湯島聖堂から神田明神へ、清水坂を通って湯島天神
へ。ここも坂が多く、下町のムードを残す路地や古くから続く店などが多くあります。
ちなみに清水坂の途中にある妻恋坂を降りると○○主事(PCC)の勤務するミクニイーストビルがあ
ります。
梅の木のたくさんある湯島天神横の階段(いついっても占い師座っています)を降りて少し行くともう
不忍池に出ます。中央にあるのが弁天島、島の回りに蓮がビッシリと浮かぶ風景は上野の中で一番
好きです。

写真上「湯島神社下の路地裏」  写真左下「不忍池」  写真右下「最近すっかりきれいになった湯島神社」


 三宿

三宿周辺

三宿は東急新玉川線の三軒茶屋と池尻大橋の中間に位置します。私は大正時代の破滅型
私小説作家の葛西善蔵(今ではほとんど知る人もいない)の大ファンなのですが、その「酔狂
者の独白」といつ小説の中に下の写真の酒屋・信州屋が小説中ではS屋で出てきます。
葛西善蔵は、大正14年から昭和3年の亡くなるまで三宿の中で3度ほど転居しているのです
が今となってはどこに住んでいたのかさっぱりわかりません。三宿にいつか葛西善蔵文学碑
を立てたいと願っています。(現在運動中)

写真上「酒屋・信州屋(日曜日で休みでした)」


 リンク集

 アット・ホームページ
ホームページ開設サービスです。
 Infoseek
インフォシークのTopページです。
 楽天広場ブログ
楽天広場(日記・ブログ)Top。
 荷風歓楽BBS
荷風歓楽HPの掲示板です。


HOME東京散策@荷風歓楽東京散策A東京散策B掲示板平成断腸亭日乗閑話休題(ココログ)